正社員求人、英語強い

社員の求人で英語出来るのは強い

正社員の求人は英語をアピール

経理職に欠員が出て、派遣社員の求人募集をしたときです。マレーシア国籍の女性が紹介されました。ご主人が日本人で、日本企業に勤務した経験もあり、日本語の読み書きができ、経理経験もありました。人手不足の状態ですから、すぐに採用しました。採用してから気がついたのですが、その求人を希望した女性は、正社員より優れた能力を持っていました。マレーシア育ちの中華系マレーシア人ですから、公用語のマレー語、学校で覚えた英語、家族が使う中国語、それも、広東語と北京語、日本人と結婚して覚えた日本語の五カ国語が堪能でした。採用する側の社員よりも、言語能力は数段上でした。すぐに、語学力、特に海外取引で使う英語能力が買われ、正社員になりました。

中小企業で正社員をめざす

同じ働くなら正社員として働きたいものです。しかし、現実には大規模企業の求人は多くはありません。最近は、ヘッドハンティングが頻繁に行われますが、極めて有名な社員は、ヘッドハンティングの対象になりますが、そのような対象になれる人材は多くありません。そこで、中小企業に活路を求めることです。今は大企業ですが、楽天もソフトバンクも急成長企業です。そのように、IT業界は、急成長する企業があふれています。求人の内容を精査して、自分の能力が最も活かせる企業を探し、自らが、正社員となり自分の力で活路を造り出すことです。

↑PAGE TOP

Copyright © 社員の求人で英語出来るのは強い All rights reserved